愛犬にマヌカハニーをあげても大丈夫?犬にあげる量などのポイント

2017.09.03ペット マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

今、オーガニック食品として注目を集めるマヌカハニーですが、愛犬に与えても問題ないのでしょうか?また、犬にマヌカハニーをあげるとしたら、どれくらいの量を与えるべきでしょうか?

今回は大切なペットと一緒にマヌカハニーを楽しむポイントについてお伝えします。

マヌカハニーを犬にあげても大丈夫?

マヌカハニーは、腸内細菌が安定している大人の犬であれば、与えても問題ないとの見方が一般的です。適量のマヌカハニーを与えるのは、犬の健康にとってさまざまな効果を期待できます。

ただし、子犬にはマヌカハニーを与えないように注意しましょう。人間の赤ちゃんと同様に、子犬もボツリヌス菌の芽胞によるボツリヌス症が心配されます。また、体力の落ちているシニア犬(老犬)に与える場合も、特に注意が必要です。

また、犬によってマヌカハニーが体質に合う子と合わない子がいます。マヌカハニーは犬の健康状態をたしかめながら、少しずつ与えましょう。

マヌカハニーを犬にあげることで期待できる効果とは

マヌカハニーを犬に与えると、どのような効果を期待できるのでしょうか?犬の健康維持のためにうれしい情報をご紹介します。

マヌカハニーで健康維持

マヌカハニーには、ビタミン・ミネラル・アミノ酸を始めとしたさまざまな栄養が豊富に含まれています。ニュージーランドの「マヌカ」という野生の木から作られるマヌカハニーには、添加物が含まれていません。そのため、優しい自然派な食品で、犬の体に栄養補給をすることができます。

マヌカハニーで犬の口臭対策

マヌカハニーには、強い抗菌作用が期待されています。したがって、犬の口臭が気になる時のオーラルケアとして利用できます。口臭を始めとした、さまざまなお口のトラブルに、マヌカハニーを活用しましょう。

マヌカハニーで毛艶を健康に

マヌカハニーをドッグフードに混ぜて与えると、それに含まれるミネラル成分により健康的な毛艶の維持を期待できます。犬の抜け毛や毛並みが気になる時には、毎日の食事にマヌカハニーを取り入れると良いでしょう。犬のきれいな毛艶を保つために役立つはずです。

マヌカハニーを犬に与える時のポイント

マヌカハニーを犬に与える方法と、気をつけておくべきポイントについてご紹介します。

初めは様子を見ながら少量を与えること

マヌカハニーを初めて犬に与えるなら、まずはフードに1滴垂らしてあげる程度にとどめて、犬の様子をチェックしましょう。嘔吐(おうと)や下痢が見られなければ、そのまま犬の調子を見つつ与えていきます。

1日にあげる量はティースプーン1杯

犬にマヌカハニーを与える際は、1日にティースプーン1杯程度をあげましょう。5キロの犬でだいたい1.5mlが適量だと言われていますが、そこまで厳密になる必要はありません。そのままなめさせたり、いつも食べているドッグフードにかけたり、犬が食べやすい方法で与えてください。何回かに分けて与える場合にも、この量を越えないようにしましょう。

体の小さい小型犬の場合には、与える量を通常の半分にするなど、調節する必要があります。

与え過ぎは肥満につながるので注意

犬の健康維持のために役立つマヌカハニーですが、与え過ぎは肥満につながります。適切な量を守るとともに、体重に変化が見られた場合は、与える量を見直しましょう。気になることがあったら、動物病院で獣医師の診察を受けることをおすすめします。

加熱しても子犬には与えないこと

ごくまれにはちみつに含まれている可能性のあるボツリヌス菌の芽胞は、自宅で加熱処理をしても完全には殺菌できないおそれがあります。たとえ加熱処理をしたとしても、子犬には与えないように注意しましょう。

おわりに

犬の健康維持のためにさまざまな効果を期待できる、マヌカハニーについてご紹介しました。

適量のマヌカハニーは、犬の栄養補給やオーラルケアに役立ちます。ただし、与え過ぎは肥満の原因にもなりますから、注意しておきましょう。

また、マヌカハニーを子犬に与えることはできません。腸内細菌が落ち着いた成犬に、少しずつ様子を見ながらあげてみてください。

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe