マヌカハニーは猫の口内炎に効果が?猫への与え方や量などのポイント

2017.09.06ペット マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

自然の恵みたっぷりのマヌカハニーは、ペットの健康維持にも役立てることができます。強い殺菌作用のあるマヌカハニーは、猫の健康にさまざまな効果を期待できます。今回は、猫に有効なマヌカハニーの与え方や量についてご紹介します。

マヌカハニーを猫にあげても大丈夫?

マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生している「マヌカ」という植物から作られる、希少なはちみつです。添加物が一切含まれないため、猫の体にも優しい自然派の食品だと言えるでしょう。

マヌカハニーは、腸内細菌が安定している大人の猫にあげることができます。

ただし、はちみつに含まれている可能性のある「ボツリヌス菌の芽胞」によるボツリヌス症の心配があるため、子猫には与えないようにご注意ください。

マヌカハニーを猫にあげることで期待できる効果とは

マヌカハニーを猫にあげると、どのような効果を期待できるのでしょうか?

マヌカハニーで猫の健康維持

通常のはちみつと比較して、強い抗菌作用を期待できるマヌカハニー。それに加えて、ビタミン・ミネラル・アミノ酸を始めとした栄養が豊富に含まれています。そのため、毎日与えることでお手軽に猫の栄養補給と健康維持ができます。

マヌカハニーで健康的な毛艶を保つ

マヌカハニーに含まれるビタミンB6は、猫の肌や被毛の健康維持のために役立ちます。きれいで健康的な毛艶をキープしたい飼い主の方には、耳寄りな情報ですね。

口内炎を始めとしたお口のトラブルに

先ほども少し触れましたが、マヌカハニーには強い抗菌作用が期待されています。そのため、マヌカハニーを猫に食べさせると、口内炎を始めとした、歯肉炎などのケアに役立ちます。

動物病院で適切な指導を受けるとともに、家で簡単にできるケア方法として知っておくと良いかもしれませんね。

お薬が苦手な猫でも飲みやすく

お薬を飲むのが苦手な猫が、マヌカハニーと混ぜることでお薬を上手に飲みやすくなることがあります。粉末状のお薬を混ぜて、猫の唇のなめやすい位置に塗ってあげましょう。甘い味と匂いで、自然となめてくれるかもしれません。お薬を処方した獣医師と相談の上で利用してみてください。

マヌカハニーを猫に与えるときのポイント

マヌカハニーを猫に与えるなら、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?猫に与える量やタイミング、注意点についてご紹介します。

初めは猫の体調をみながら与える

マヌカハニーを初めて猫に与える場合は、1滴なめさせる程度にとどめて、猫の体調をチェックしましょう。特に問題が起こらなければ、そのまま続けて与えてみてください。嘔吐(おうと)や下痢がみられたら、直ちに与えるのを控えるとともに、動物病院で診察を受けさせてあげてください。

与える量はティースプーンに少しだけ

猫が嫌がらないようであれば、今度はティースプーンに少しだけマヌカハニーを乗せ、直接なめさせてあげましょう。与え過ぎは肥満につながるため、ほんの少しで大丈夫です。1日数回に分けて与えるなら、その分1回の量を減らすなど調節してください。

与える際の注意点

マヌカハニーにはボツリヌス菌が含まれているおそれがあるため、腸内細菌が安定していない子猫や免疫力の低下した成猫に与えないよう注意しましょう。ボツリヌス菌は、自宅での加熱によって完全に殺菌できない可能性もあります。たとえ加熱したとしても、絶対に与えないようにお気をつけください。

おわりに

マヌカハニーを猫の健康維持のために与える方法についてお伝えしました。

栄養が豊富に含まれ、強い殺菌作用を持つマヌカハニー。口内炎などの猫のお口のトラブルにも効果が期待できますが、与える量に関しては様子を見ながら少しずつ与えることをおすすめします。また、子猫に与えないという点だけは、くれぐれもご注意ください。

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe