「マヌカハニー」がまずいと感じる方に試してほしい、おいしく食べる方法5つ

2017.10.06食べ方 マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

ニュージーランドに自生する、マヌカの花のはちみつマヌカハニー。強い殺菌効果や免疫力アップ、さらにはアンチエイジングなど、さまざまな効用が期待できるとして注目のスーパーフードです。

食生活に積極的に取り入れたいところですが、通常のはちみつとは違って、独特の味が苦手という方も多くいらっしゃいます。そこで今回は、マヌカハニーをおいしく食べる方法を5つご紹介します。

「マヌカハニー」がまずいと感じるのはなぜ?

マヌカハニーの有効成分を表すブランドマークの1つがMGO(メチルグリオキサール)。これは活性度を表す数値で、ニュージーランド産の高品質なマヌカハニーのMGO数値は、なんと一般的なはちみつの約70倍といわれています。

活性度が高くなるほど抗菌力も高くなり、独特の風味がでてくるため、薬っぽい風味を苦手に感じる方も多いようです。活性度の低いものから食べ始め、徐々にならしていく方法もありますが、活性度が高い方が抗菌の効果はでやすい傾向にあります。

マヌカハニーを食べやすくするポイントは、「香りの強いもの」や「味の濃いもの」と混ぜることです。それではおすすめの食べ方をご紹介しましょう。

「マヌカハニー」をおいしく食べる方法

ヨーグルトに混ぜる

定番の食べ方ですが、 朝食のヨーグルトにマヌカハニーを混ぜて食べる方法は、おいしく食べることができるのでもおすすめです。

マヌカハニーはヨーグルトの酸味によって味が中和され、食べやすくなりますが、それでも気になるという場合は、季節のフルーツを混ぜるとより食べやすくなります。

ヨーグルトや季節のフルーツとマヌカハニーを組み合わせることによって、ビタミンや食物繊維もプラスできます。お子さんも喜んで朝食時に食べることができそうですね。

ちなみに、マヌカハニーははちみつのため、1歳未満の乳児には決して食べさせないよう注意してください。

パンに塗る黒ごまペーストに加える

黒ごまペーストにマヌカハニーを混ぜると、黒ごまの香ばしさと味がマヌカハニーの独特な味を和らげてくれます。黒ごま自体にも、美容や白髪対策などの効果が期待できるため、年配の方におすすめしたい食べ方です。

また、粒のままやすったものよりも、ペースト状の方が栄養が吸収されやすいため、ぜひペースト状のものを使ってください。

マサラチャイに入れる

紅茶葉と合わせて、シナモンやカルダモン、クローブなどのスパイスを牛乳で煮出すマサラチャイ。こちらにマヌカハニーを入れると、それぞれのスパイスの味と香りがでて、独特の風味やクセが気にならなくなります。

さらにマヌカハニーは熱に強い性質を持っているので、温かいチャイに入れても成分が大きく変わることはありません。スパイスのはたらきで身体がぽかぽか温かくなるため、冷え性でお悩みの女性には特におすすめです。

スパイスコーヒーに入れる

マヌカハニーの食べ方として、お砂糖代わりにコーヒーに入れて飲むという声も多く聞かれます。その際は、シナモンやカルダモンのパウダーをいっしょに入れれば、ちょっとおしゃれなスパイスコーヒーに早変わりです。マサラチャイと同様、スパイスの香りと味わいにより、飲みやすくなります。

ナツメグやタイム、クローブなどのスパイスとも合うため、自分の好みのアレンジを考えるのもいいですね。

黒蜜を少し加えて舐める

空腹時に直接摂取すると効果が高いといわれるマヌカハニー。高い効果があるとはいえ、日々続けることを考えると食べやすく飽きのこないようひと工夫したいところです。

そこで食べものや飲みものに混ぜるのではなく、そのまま舐めたいという場合には、黒蜜を加えてみるのがおすすめです。黒蜜のコクとうまみが、マヌカハニーとちょうどよく調和し、食べやすい味わいになります。黒蜜とマヌカハニーとの組み合わせは、アイスクリームやデザートなどのトッピングソースとして使う方も多いようです。

おわりに

ここで紹介した、マヌカハニーのおいしい食べ方は、個人の好みによるところがあるため、まずは気になったものを試してみてください。季節やシーンに合わせて、お気に入りの食べ方を見つけ、健康的な食生活習慣の1つとしてマヌカハニーを取り入れることをおすすめします!

Bee Meスタッフおすすめ!マヌカハニーレシピ

マヌカハニーレシピ
Bee Meではマヌカハニーを毎日おいしく取り入れられるよう、食卓の一品やお菓子・パーティーでも喜ばれそうなメニューなど幅広いレシピを公開しています。ぜひお試しください!

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe