幼児、子供にマヌカハニーはあげていいの?何歳からOK?

2017.07.03食べ方・使い方記事一覧 マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

殺菌成分をはじめとして、栄養素がバランスよく含まれているマヌカハニー。健康維持のために食事に取り入れているという方は、多いのではないでしょうか。

そのため、健康維持に役立つなら「子供にもマヌカハニーを食べさせたい!」という方もいるかと思います。しかし、マヌカハニーは幼児や子供に食べさせても大丈夫なのでしょうか?

今回は、マヌカハニーは幼児や子供にも食べさせても良いのか、何歳から食べて良いのかなどをご紹介します。

マヌカハニーは子供でも安心

マヌカハニーは殺菌作用が高いため、風邪やインフルエンザ、虫歯などの予防対策として食べている方も多いようです。

では、マヌカハニーは大人と同じように子供にも食べさせても良いのでしょうか。マヌカハニーは、添加物などを含まない天然成分の食品です。そのため、子供にも安心して食べさせることができます。

また、ビタミンやミネラル、アミノ酸など豊富な栄養が含まれているため、成長期の子供の栄養を補うのにおすすめの食品と言えるでしょう。

マヌカハニーは何歳から食べられる?

子供に摂取させたい栄養が豊富に含まれるマヌカハニーですが、食べさせるときは注意が必要です。はちみつは、1歳未満の乳児に食べさせてはいけません。

それは、はちみつに「ボツリヌス菌」という細菌が含まれている可能性があるからです。1歳未満の乳児は、腸などの消化器官が未発達で抵抗力もまだ十分とは言えません。そのため、ボツリヌス菌の芽胞を摂取してしまうと、腸内で菌が増殖し「乳児ボツリヌス症」を発症してしまう恐れがあります。

乳児ボツリヌス症を発症すると、多くの乳児は以下の症状を引き起こすことがあります。

  • 数日間便秘が続く
  • 泣き声が小さくなる
  • 哺乳力が低下する
  • 瞳孔が開く
  • 全身の筋力が低下する
  • 脱力状態になる

さらに、マヌカハニーには普通のはちみつよりもさらに強い殺菌作用があります。そのため1歳を超えた子供でも体内で処理できない場合があります。マヌカハニーのメーカーによって推奨年齢は異なりますが、5歳未満の子供には与えないようにしてください。

マヌカハニーを食べさせる量・タイミング

マヌカハニーを子供に食べさせる場合、どのくらいの量を目安としてどのタイミングで食べさせれば良いのでしょうか。

大人の場合は、マヌカハニーの適量は1日大さじ1杯程度と言われています。1回に大さじ1杯(約15ml)食べる方や、1回小さじ1杯(約5ml)を3回に分けて食べる方もいるようです。

子供の場合は、小さじ1杯(約5ml)を1日に3回程度を目安にすると良いでしょう。いくら栄養があると言っても糖分をとっていることには変わりないので食べすぎには注意してください。食べすぎることで、肥満や虫歯の原因になる可能性があります。

次は、マヌカハニーを食べさせるタイミングについてです。マヌカハニーは空腹の時間帯に食べると良いとされているため、就寝1時間前や食前1時間前あたりに食べるとより効果的とされています。

おすすめの食べ方

マヌカハニーの効果をより実感しやすい食べ方は、スプーンですくってそのまま食べる方法です。そのため、大人と同じように、子供もそのまま食べることをおすすめします。

ただ、マヌカハニーは普通のはちみつと比べると少し味に癖があり、ハーブのような風味があると言われています。これはメチルグリオキサールと呼ばれる殺菌効果が高く、普通のはちみつにはない特殊な成分が含まれているためです。

マヌカハニーのラベルにはこの成分の含有量を示すMGOやUMF、MGSなどの数値が表記されていますが、その数値が高ければ高いほど殺菌作用が高く、味のクセも強くなると言われているため、特に子供にはこの独特の風味が食べづらいと感じるかもしれません。ハーブのような風味が苦手な場合や毎日続けるのが難しい場合は、料理やお菓子に混ぜるなど工夫して食べさせてみましょう。

マヌカハニーと相性が良く子供にもおすすめの食べ物

マヌカハニーは普通のはちみつよりも熱に強く、いろいろな食品と組み合わせても効果に影響がでにくいため、ほかの食品と一緒に調理してお召し上がりいただけます。こちらでは子供も食べやすく、マヌカハニーとも相性がいい食材、レシピをご紹介します。

ヨーグルト

ハーブのような風味が苦手な子供やマヌカハニーに慣れない方は、マヌカハニーとヨーグルトとの組み合わせをおすすめします。
ヨーグルトの酸味とほんのり甘いマヌカハニーの相性が良く、マヌカハニー独特の味も緩和されてとろっとした食感がクセになるでしょう。
ヨーグルトを水切りすればチーズに似た食感や風味になります。
水切りヨーグルトにマヌカハニーをかけて、デザート風に食べるのも良いかもしれません。

牛乳

牛乳は、子供に不足しがちなカルシウムも摂れて、手に入りやすいのでレシピに取り入れやすいのではないでしょうか。淡白な牛乳と、独特の風味があるマヌカハニーがほどよく合います。

こちらでご紹介する「マヌカ入り牛乳かん」はミネラルやカリウムが豊富な黒蜜と、良質なタンパク質や食物繊維を含むきな粉の甘さが加わり、少ない量でも栄養を摂取することができます。

デザート感覚で食べられる上、比較的低カロリーなのでダイエット中の方にもおすすめのレシピです。

フルーツ

フルーツは子供にも人気の食材のうちの1つですよね。フルーツもマヌカハニーも自然な甘さがあるので、甘いものが好きな子供にはうってつけの食材です。

こちらで紹介するレシピ「りんごとマヌカハニーの甘うまドレッシング」はサラダにかけて食べられるレシピなので、特に野菜が嫌いな子供におすすめです。野菜だけでなく、りんごやマヌカハニーの栄養素もとれるので栄養満点。りんごのすりおろしとマヌカハニーを混ぜることでもったりとしたテクスチャーになり、野菜に絡みやすくなります。生野菜だけでなく温野菜でも相性が良いですよ。

おわりに

マヌカハニーは、健康維持や病気の予防などに役立つ栄養豊富なはちみつ。大人だけではなく、子供も含めて家族みんなで食べたいですよね。

マヌカハニーを食べさせる量やタイミング、食べさせ方を工夫して子供でも食べられるようにしてあげると続けやすいかもしれません。

ただし、はちみつは1歳未満の乳児、マヌカハニーは5歳未満の子供には与えないよう十分注意してくださいね。Bee Meではマヌカハニーを毎日おいしく取り入れられるよう、食卓の一品やお菓子・パーティーでも喜ばれそうなメニューなど幅広いレシピを公開しています。ぜひお試しください!