マヌカハニーに副作用やデメリットはある?使用時の注意点をご紹介

2017.08.15副作用 マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

最近大注目のマヌカハニー。栄養価が高い、美容に良い、風邪予防に役立つなど、良いことはたくさん聞きますが、果たして副作用やデメリットはないのでしょうか?また、気を付けるべき注意事項はあるのでしょうか?

今回はそういったことに触れて、皆さまのマヌカハニーに対する不安や疑問を少しでも解消できればと思います。

副作用はあるの?

マヌカハニーはすべて天然由来成分のため、副作用はないと一般的に知られていますが、科学的な視点からも副作用の心配はほとんどないと言えます。

マヌカハニーは、これまで世界中のさまざまな機関で研究されてきました。研究の第一人者として知られているのは、ニュージーランドの国立ワイカト大学のピーター・モラン博士です。彼の研究発表において、マヌカハニーには抗菌・殺菌作用があるが、抗生剤などの化学薬剤にみられるような体に必要な有用菌まで攻撃してしまう働きや、耐性菌の出現もなく、副作用の心配はほぼ不要といった内容が報告されています。

また、マヌカハニーは現在では120カ国以上で医療用としての使用実績がありますが、徐々に効果が薄れるなどの健康上のデメリットや副作用については、医療現場からも報告されていません。

デメリットは?

では、マヌカハニーの使用においてデメリットはないのでしょうか?

値段の高さはデメリット?

まず、マヌカハニーを購入するにあたって、お値段の高さが気になっている方がいらっしゃるかもしれません。

気になって通販サイトやはちみつ専門店を覗いてみたはいいものの「はちみつが5,000円とか1万円?どうしてこんなに高いの?」と思った方もいらっしゃるのでは?一般的なはちみつはスーパーやコンビニでは1,000円前後で手に入る品物ですから、そう思われるのも自然なことでしょう。

確かにただのはちみつと考えれば、マヌカハニーは比較的高価なものになりますが、健康食品や栄養補助食品、美容サプリとして捉えれば、値段に対する感じ方がだいぶ変わるのではないでしょうか。効果を実感していただければ、お値段にも納得していただけるはずです。

糖分の摂り過ぎになる??

他のデメリットとしては、糖分過多になる可能性がある点が挙げられます。

はちみつは砂糖と比べるとカロリーが低いですが、とはいえ糖分が含まれていることには変わりありません。健康に良いからと摂取しすぎると糖分過多になり、血糖値上昇や高血圧に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。また、当然ながら糖分過多になると体重増加につながります。

マヌカハニーは健康に良い食品ですが、糖分が含まれていることを念頭に置いて、過剰に摂取しないように気を付けましょう。

他に注意すべき点は?

多くの方がすでにご存じかと思いますが、はちみつ全般を1歳未満の子どもに与えることはできません。乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があるからです。

ですから、1歳未満のお子さまがいらっしゃるご家庭は、マヌカハニーをお子さまに与えないことと、お子さまの手の届かない所に保管していただくことを心掛けてください。併せて、マヌカハニーを食した後のお皿やスプーンを出しっぱなしにしないように気を付けましょう。

また、ハチ製品に対してアレルギーのある方も召し上がることができません。アレルギーがあるかないか心配な方は、少量から摂取し始め、経過を見た方が良いでしょう。

おわりに

いかがですか?マヌカハニーについてさらに知識を深め、皆さまの不安や疑問を解決するに至ったでしょうか?

マヌカハニーは天然の成分でできており、科学的にもこれまでの実績からも副作用はほとんどないことが分かっている、安全な健康食品です。マヌカハニーは、1歳未満のお子さまと、ハチ製品に対してアレルギーのある方は召し上がることができませんが、逆に言えばそれ以外の方ならどなたにも安心して召し上がっていただけます。

ただし、体に良いからといって、たくさん食べれば食べるほど効果が得られるわけではありません。適切な量を摂取して、健康的な毎日をお過ごしくださいね。

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe