マヌカハニーの食べ方・使い方

Pocket


このページではマヌカハニーを毎日の生活に取り入れて、健康活性パワーの効果を実感するために必要な情報をご紹介しています。「マヌカハニーを効果的に活用したい」「健康や美容に良いのは知っているけど、注意点がわからない」という方は、ぜひご一読ください。

マヌカハニーの食べ方

マヌカマヌカハニーが持つ殺菌作用や整腸作用、豊富な栄養素は健康や美容にさまざまなプラスの影響を与えてくれます。
最近ではテレビで取り上げられたこともあって、身近な場所でもマヌカハニーを見かけることが多くなってきました。
しかし、マヌカハニーの効果を実感するためには、どのような食べ方でもいいというわけではありません。
下記ではマヌカハニーの健康活性パワーを活かす食べ方や、毎日のマヌカハニー摂取のヒントになるレシピをご紹介します。

効果的な食べ方・摂取量

マヌカハニーに含まれている栄養成分の効果を最も得られる食べ方は「生のまま空腹時に食べること」です。

マヌカハニーの殺菌成分「メチルグリオキサール」は熱に強いですが、ビタミンやミネラルなどの栄養成分は加熱してしまうと力を発揮できないものもあるため、さまざまな効果を最大限に活かすためには生のまま食べることが必要です。また、胃の中に食べ物がたくさん入っている状態だと栄養の吸収率が悪くなってしまうため、食後は避けて空腹時に摂取することをおすすめします。

マヌカハニーの摂取量は1回あたり5ml~15ml(ティースプーン1杯分が約5ml、大さじ1杯分が約15ml)を、1日3~4回摂取すると効果的だと言われています。摂取量が少なすぎるとなかなか効果を感じることが難しいですし、多すぎると糖質過多になってしまって体に悪影響を与えることがあります。ご自身の体調と相談しながら適量を摂取するように心掛けてください。

レシピ紹介

マヌカハニーの効果を実感するためには食べ続けることが必要です。生のまま食べることが理想ですが、毎日同じ食べ方だと飽きてしまったり、味が苦手で食べ続けたりすることが難しい方もいらっしゃいます。そんな方にはマヌカハニーを料理や飲み物に取り入れて摂取する方法をおすすめします。

はちみつは甘いお菓子に使われているイメージが強いですが、はちみつには肉を柔らかくしたり、魚の臭みを取ったり、コクを出す効果があるため、煮物やあえ物、炒め物、ドレッシングなど、どのような料理でも使用することができます。ぜひいろいろなレシピに挑戦して、毎日の生活にマヌカハニーを取り入れてみてください。

マヌカハニーレシピ

こちらのマヌカハニー専門店BeeMeではお弁当に使える定番のおかずからおもてなしにもお出しできるスイーツまで、さまざまなマヌカハニーのレシピをご紹介しております。毎月BeeMeのスタッフがオリジナルレシピを開発して、レシピページを更新していますので、ぜひチェックしてみてください。

マヌカハニーの保存方法

マヌカハニーの保存方法は開封前も開封後も「高温多湿、直射日光を避けて常温保存すること」が好ましいとされています。
冷蔵庫などの低温で保存すると結晶化して固まる場合があり、品質には問題ありませんが、使用する際にスプーンですくうことができなくなってしまいます。元の状態に戻すためには加熱しなくてはいけないため、ビタミンやミネラルなどの熱に弱い栄養成分をそのまま摂取したい方は、冷蔵庫に入れずに常温で保存するようにしてください。

マヌカハニーの賞味期限

マヌカハニーの賞味期限はメーカーによってまちまちですが、大体は採取してから3年~5年ほどの期限が設定されています。

マヌカハニーは100%天然のはちみつであるため、保存料を含んでいないにも関わらず、他の一般的なはちみつよりも保存期間が長くなっています。その理由は糖の濃度が高いことから菌が繁殖しにくいことと、水分量が少ないことからカビの発生リスクが低いことが挙げられます。また、マヌカハニー自体が殺菌成分を含有しているため、雑菌が繁殖しにくい環境になっているためであると言われています。

マヌカハニーは腐りにくい食品ではありますが、時間がたつと風味が変わることがありますので、購入後は早めに食べることをおすすめします。購入される際には必ず個々のマヌカハニーの賞味期限をチェックしておいてください。

食べ方の注意点

マヌカハニーは賞味期限が長く、保存方法も簡単で気軽に摂取できるスーパーフードですが、食べる際には注意しなければならないことがあります。下記では3つの注意点をご紹介します。

注意点1:金属製のスプーンやハニーディッパーなどを使用しないこと

マヌカハニーの殺菌成分「メチルグリオキサール」はさまざまな細菌やウイルスに対して効果を発揮しますが、金属と相性が悪く、金属製のカトラリーを使用するとマヌカハニーの品質が変化してしまうと言われています。
摂取される際には金属製のものではなく、木製や陶器などのスプーンやハニーディッパーを使用するようにしてください。

注意点2:清潔で乾いたスプーンやハニーディッパーなどを使用すること

汚れていたり、ぬれていたりするスプーンやハニーディッパーなどを使用してマヌカハニーをすくうと、マヌカハニーの中に食べくずや水分などが入ってしまって、品質に影響が出てしまう可能性があります。必ず清潔で乾いたものを使用するようにしてください。
スプーンやハニーディッパーなどの使用が面倒な方は、マヌカハニーがあめのように固められている「ロゼンジ」や、小分けになっている「スナップバック」タイプの購入をおすすめします。

注意点3:食べ過ぎないこと

マヌカハニーは同じ量の砂糖よりもカロリーが低く、甘みが強いことから砂糖の代わりに使用することでカロリーをカットすることができます。しかし、マヌカハニーを食べ過ぎると糖質過多になってしまい、肥満や生活習慣病を引き起こす原因となりますので、適量を超えないように注意してください。
また、人によっては胃腸が弱っているときにマヌカハニーを食べ過ぎると内臓に負担を感じる方や胸やけを起こす方もいらっしゃいますので、その日の体調に合わせて摂取量を調整してください。

マヌカハニーのデメリット

健康や美容にさまざまなメリットをもたらすマヌカハニーですが、残念ながらデメリットもあります。こちらでは4つのデメリットをご紹介します。

デメリット1:値段が高い

一般的なはちみつと比べると、マヌカハニーの価格は高価格になっています。

これはマヌカハニーがニュージーランドの一部の地域だけでしか採取できないために希少性が高く、保存料などが入っていない100%天然のはちみつであり、その成分を保証する証明書が付けられているためです。

スーパーやドラッグストアで安いマヌカハニーやマヌカハニー入りのお菓子を見かけたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、あまり効果を期待できない低活性のものであったり、含まれている量が少ない可能性があります。マヌカハニーの効果を実感したい方は、専門店やネットショップなどで成分の証明書が付いている100%天然のマヌカハニーの購入をおすすめします。

デメリット2:偽物の可能性がある

海外では社会問題になるほど、偽物のマヌカハニーが流通しています。

偽物のマヌカハニーは安価ではありますが、活性強度が低いものが多く、別の成分がブレンドされていたり、加熱処理されてビタミンやミネラルなどの栄養成分を失っていたりするものもあります。

本物のマヌカハニーは加熱処理されていない100%天然のはちみつで、一般的なはちみつに比べて高価格になっています。また、成分の規格を示す数値があり、必ず証明書が付属していますので、ご購入の際は注意してみてください。

デメリット3:即効性がない

マヌカハニーは薬ではなく天然の健康食品ですので、食べ始めてすぐに効果を感じることは難しく、効果を実感するためには食べ続けることが必要です。そのため短期間での体質改善や治療の効果を目的とされる方には、マヌカハニーをおすすめすることができません。

しかし、短期間での急激な体の変化は体にかかる負担が大きく、副作用が出ることもあります。マヌカハニーには即効性はありませんが、副作用の心配もありませんので、長期的なスパンで健康や美容に対して取り組みをされる方にはおすすめの健康食品です。

また、マヌカハニーにはさまざまな栄養成分が含まれていますので、複数のサプリメントを購入されている方はマヌカハニーに置き換えることで費用や手間を省くことができる可能性がありますので、ぜひ一度マヌカハニーの成分と比較してみてください。

食べてはいけない人とは

マヌカハニーは基本的には子どもから大人までどなたでも食べることができます。しかし、どんな食品にも言えることですが、万人が食べることができるものではありません。下記ではマヌカハニーを食べてはいけない人をご紹介いたしますので、当てはまる方や保護者の方は十分注意してください。

5歳未満の小さい子ども

はちみつの中には食中毒の原因となる「ボツリヌス菌」という細菌が存在しているため、1歳未満の乳児はマヌカハニーに限らずすべてのはちみつを口にすることができません。
このボツリヌス菌に対して抵抗力がある場合は摂取しても問題ありませんが、乳児にはまだ抵抗力が備わっていないため、食べてしまうと「乳児ボツリヌス症」にかかってしまって、危険な状態になる可能性があります。
上記の理由に加えて、マヌカハニーは殺菌成分などが含まれていて、小さいこどもには刺激が強すぎるため、5歳未満の子どもが口にすることがないように気を付けてください。

妊娠中や授乳中の方がはちみつを摂取すること自体は問題がなく、母体の消化器官でボツリヌス菌を消化処理することができるため、ボツリヌス菌が胎児に影響を与えたり、母乳にボツリヌス菌が含まれたりすることはありません。
しかし、マヌカハニーの強い抗菌作用や活性効果によって体調に影響が出る可能性がありますので、体調変化の激しい妊娠中や授乳中は摂取を控えるようにしてください。

アレルギーがある人

アレルギーの原因となる食品はいろいろありますが、はちみつを食べることでアレルギー反応が現れる方もいらっしゃいます。

はちみつ自体にアレルギーがある方だけでなく、蜂や花粉にアレルギーがある方も注意が必要です。アレルギーがあることを知らずに食べてしまって、症状が出てしまう方もいらっしゃいますので、異常が認められた場合は、速やかに医療機関で受診するようにしてください。

また、マヌカハニーは食べるときだけでなく、スキンケアなどで肌に直接触れた際にも異変が現れる可能性がありますので、必ず少量でパッチテストを行ってから使用するようにしてください。

食事制限がある人、薬を飲んでいる人

マヌカハニーには糖質が含まれており、殺菌成分が体に影響を与える可能性があるため、食事制限がある方や薬を服用されている方は必ずは食べる前に専門の方に相談するようにしてください。万が一摂取した後に体に異常が認められた場合は速やかに医療機関で受診するようにしてください

ペットに与える際の注意点

マヌカハニーの健康活性パワーは人間だけでなく、犬や猫などに対しても有効で、食べることで体質改善につながったり、毛艶が良くなったりという事例が報告されています。

しかし、マヌカハニーを与えすぎることによって糖質の取りすぎになってしまう危険性や、薬との食べ合わせに注意が必要な場合もあります。また、人間の乳児は抵抗力がないためにはちみつを食べることができませんが、ペットも同様に子どもや年老いて抵抗力がない場合は、はちみつを与えてはいけないと言われています。

体の大きさや体質もさまざまですので、事前に必ず動物病院で相談し、与える際には最初は少量ずつ与えて、様子を見るようにしてください。

マヌカハニーの使い方

マヌカハニーは食べることによって体の内側からさまざまなプラスの働きかけをしてくれますが、体の外側からも健康や美容へのメリットをもたらしてくれます。具体的には、マヌカハニーの殺菌作用や保湿性の高さを活かすことによって、フェイスパックや入浴剤などの美容ケアや外傷の治療サポートなどに利用することができます。
詳しい効果や方法はこちらの「マヌカハニーの効果」のページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

使い方の注意点

マヌカハニーには健康や美容に役立てることができるさまざまな成分が含まれていますが、肌や体質に合わない方もいらっしゃいますので、事前に少量でパッチテストを行って、体に異常が現れないことを確認してください。もし異常が現れた場合には、すぐに使用をやめて医療機関に相談するようにしてください。

インターネット上ではマヌカハニーに関する情報が数多く見られますが、この情報の中には信頼性に欠けるものも多く存在します。間違った使い方をすると体に悪影響を及ぼすこともありますので、正しく活用することを心掛けてください。

その他関連記事

マヌカハニーに関連するさまざまな情報はこちらをご覧ください。