冷房・暖房が唇荒れの原因に?はちみつのラップパックでぷるぷるリップに

2017.10.15はちみつ マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

乾燥で唇がガサガサになるのは冬だけと思っていませんか?実は唇は非常にデリケートで、気づかぬうちに冷房・暖房の影響を受けていることもあるのです……。「夏だから安心」「冬だけ気をつければ大丈夫」と油断しないで、1年を通してケアしたいですね。

今回は、そんな唇荒れに効果的な、はちみつを利用したラップパックをご紹介します。

なぜ荒れる?唇荒れが起こるしくみ

唇はいつもぷるぷると潤いのある状態を保っていたいものですが、気がつくとカサカサ……なんて経験はありませんか。

空気が乾燥しがちな冬はもちろん、湿気の多い梅雨時や真夏でも唇が荒れるのはどうしてでしょうか。

まずは、唇荒れの原因について見てみましょう。

そもそも唇には皮脂腺がなく荒れやすい

うるおいある肌を保つには、肌の水分を保つことが大切です。唇は皮膚が薄く、水分をキープするのがあまり得意ではないパーツです。また、皮脂は肌の水分保持を助けてくれますが、残念なことに唇には皮脂を分泌する皮脂腺もありません。このため、唇は肌の水分が蒸発しやすく、油断するとすぐカサカサ状態になってしまうのです。

冷房・暖房が唇荒れの原因に?

室内を快適に保つため、1年中エアコンをつけている方も多いのではないでしょうか。冷房や暖房を効かせた室内は、私たちが思っているよりも空気が乾燥している場合があります。

唇荒れが続くと唇が切れて痛いだけではなく、刺激にさらされることで唇の色が黒ずんでしまう可能性もあります。季節を問わず「乾燥しているかな?」と思ったら、次にご紹介する方法を参考にして乾燥ダメージを防いでください。

  • 冷房や暖房をつけっぱなしにせず小まめに調節する
  • 加湿器を使う(オフィスなど冷暖房の調整がしにくい所に最適)
  • 水分を補給する(常温以上の水やカフェインレスの飲み物がおすすめ)
  • 保湿重視のスキンケア

また、冬はしっかりとリップケアを行っていても、夏はケアを怠りがち。乾燥だけでなく、日光の紫外線も1年を通して肌に降り注ぐため、季節を問わずしっかりケアでぷるぷるリップをキープしましょう。

最後に「はちみつのラップパック」を使ったリップケアをご紹介します。ぜひ試してみてくださいね。

簡単!はちみつのラップパックでぷるぷるリップに

はちみつは、古代から美容ケアアイテムとして利用されてきた食べ物です。その保湿効果の高さは有名で、さまざまなコスメにも配合されています。

皮脂腺のない唇にはちみつを使うことで、天然の保護膜を作ってあげましょう!

はちみつの力をしっかりと唇に含ませてあげるには、ラップでパックがおすすめです。

はちみつラップパックの方法

はちみつを使ったラップパックの方法を紹介します。

  1. 唇にたっぷりとはちみつをのせる。
  2. 唇より少し大きめに切ったラップで唇を覆い、しばらく待つ(5~10分が目安)。
  3. さっとぬるま湯で落として完了!

はちみつには豊富な栄養素が含まれており、乾燥や紫外線でダメージを受けた唇が荒れるのを防ぎ、ぷるぷると潤いを保つのを手助けしてくれます。はちみつは少量でよく、コストパフォーマンスの良いケア方法なのです。

はちみつの中でも特に栄養豊富な「マヌカハニー」の効果について

はちみつラップパックの注意点

はちみつは抗菌作用が非常に強いといわれています。そのため、はちみつラップパックを10分以上放置すると、唇がはちみつの抗菌作用に負けて、かえって唇が荒れてしまう恐れがあります。長くても10分でパックは終了してください。

また、まれにはちみつが体質に合わないという方もいらっしゃるため、ラップ中やラップ後にかゆみや腫れなどを感じた際は、使用を中止しましょう。

はちみつラップパックの使用が心配な方は、オリーブオイルやヨーグルト、ワセリンなどの保湿効果のあるものに少しはちみつを混ぜ、パックをして様子を見るのもおすすめです。

はちみつケアで荒れ知らずのぷるぷるリップに

今回は、冷房・暖房で唇荒れを起こさないためにおすすめの「はちみつのラップパック」をご紹介しました。

はちみつのラップパックは唇を荒れから守るためにおすすめのケア方法です。はちみつのラップパックでぜひ唇荒れに負けない、ぷるぷるリップを手に入れてくださいね。

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe