よく噛んで食べることはダイエット成功への近道!

2017.12.18健康豆知識 マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

小さい頃、食事のときに親から「よく噛んで食べなさい」といわれた方は多いのではないでしょうか?

「よく噛む」ことは、成長過程の子どもにとっては重要なことですが、実は大人にとっても大切です。食べ物をよく噛んで食べると健康につながるほか、ダイエットにも効果的といわれていて、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

そこで今回は、よく噛んで食べることで得られるさまざまな効果についてご紹介します。

よく噛むことで得られるさまざまな効果

食べ物をよく噛んで食べることで得られる効果はたくさんありますが、あまりよく噛まないで食べることで生じるデメリットもあります。

「なぜ、よく噛んで食べることが良いのか」をしっかりと把握するために、よく噛まないで食べることで生じるデメリットについてご紹介します。

「よく噛まない」ことのデメリット

1.顎や歯が弱くなる

昭和初期と比べると、現代は全世代において食べ物を噛む回数が半減したといわれています。

また、近年はあまり噛まなくても飲み込めるやわらかい食べ物が増えたため、特に若い世代の人たちはあまり噛まないで食べる傾向があり、顎がしっかりと発達せずどんどん小顔化しているという報告もあるほどです。

顎が発達していないと歯が弱くなり、硬いものが食べにくくなる可能性が高くなってしまいます。

2.口腔内のトラブルが起きやすくなる

顎がしっかりと発達しないまま成長してしまうと、歯茎や歯自体も弱くなるため、虫歯や歯槽膿漏をはじめとする疾患にかかりやすくなったり、若いうちに歯が抜けてしまったりするなど、口腔内トラブルが起きやすくなってしまいます。

3.生活習慣病につながる恐れがある

あまり噛まずに食べ物を飲み込むことで、血糖値は上昇しやすくなるといわれています。

また、食べる速度が速いと満腹感を得るまでに時間がかかるため、その分多く食べてしまう傾向があるようです。

血糖値の上昇や食べ過ぎの結果、肥満や糖尿病などの生活習慣病につながってしまう危険があります。

「よく噛む」ことで得られる効果

1.美容や健康につながる

よく噛むことで、唾液の分泌量を増やすことが可能です。

唾液には発がん性物質の殺菌成分のほか、「パロチン」という別名「若返りホルモン」とも呼ばれる成長ホルモンなどが含まれます。なおパロチンには、肌の新陳代謝を促したり、壊れた組織を修復したりする働きがあるようです。

よく噛むことは肥満防止にもつながり、ダイエットにもとても効果があります。

よく噛んで食べることのダイエット効果ついては、次の項目で詳しくご紹介します。

2.口腔内が健康になる

よく噛むことで唾液の分泌が増えれば、口腔内の健康を保ちやすくなります。

唾液に含まれる「免疫グロブリン」という抗体には、喉の疾患や気管支を防いだり、虫歯や歯肉炎などを予防・抑制・改善したりする効果があるといわれています。

3.病気の予防につながる

食べ物をよく噛んで細かくしてから飲み込むことで、消化・吸収が穏やかに行われるため、内臓への負担が軽減されます。

特に、食べ物が通る食道や、食べ物を溶かす胃酸を分泌する胃など、消化器系疾患の予防に効果的です。

よく噛んで食べるとダイエットに効果的?

よく噛んで食べることは、肥満防止やダイエットにもつながります。

ここでは、なぜよく噛むことがダイエットに効果があるといわれるのか、詳しくご紹介します。

食事の量が減るため

食べ物をよく噛むことで、脳の満腹中枢が刺激されるため、満腹状態だと感じるタイミングが早くなります。少ない食事量でおなかいっぱいと感じるため、カロリー摂取量が減り、食べ過ぎを防ぐことができるでしょう。

消費エネルギー量が増えるため

しっかりとよく噛むことによって、カロリーも消費されています。

食事中に体が熱くなることはありませんか。これは「食事誘発性体熱生産(DIT)」という消費エネルギーによるものです。

よく噛んで食事をすることで、消費エネルギー量を増やすことができるため、結果的にダイエットにつながります。

脂肪燃焼が促進されるため

よく噛みゆっくりと食事を取ることで、満腹中枢のほか交感神経も刺激されます。

交感神経が刺激されると「ノルアドレナリン」いうホルモンが分泌されるようになります。ノルアドレナリンは、脂肪を分解・燃焼させる働きを持っているため、分泌が活発になることで脂肪燃焼が促進されるのです。

何回くらい噛めば良いの?

理想とされる噛む回数は、一口食べるごとに30回、一食あたり1500回以上といわれています。ただし、一口が大きい場合はそれ以上の回数が必要です。

一口30回以上噛むことは意外と大変なため、一口で食べる量を少量にすることをおすすめします。

おわりに

今回は、よく噛んで食べることで得られるさまざまな効果についてご紹介しました。

「よく噛んで食べる」ということを毎食意識しながら実践すれば、ダイエットをはじめ、美容や健康に多くのプラスの効果をもたらしてくれるでしょう。

また、今回ご紹介したメリット以外にも、記憶力アップやストレス抑制など、よく噛むことで得られる効果はたくさんあります。ぜひ実践してみてくださいね。

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

The following two tabs change content below.