マヌカハニーは胃腸の調子が悪い時に食べると良いって本当?

2018.09.13マヌカハニーの効果 マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

マヌカハニーは胃腸の調子が悪い時に食べる

私たちは毎日さまざまな食べ物や飲み物を摂取しています。眠っている時以外、胃腸はフル稼働している状態。その時の体調によっては、食べ物がうまく消化できないとか、病気ではないけれど、何となく胃腸がすっきりしないという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、マヌカハニーに含まれる天然成分と胃腸の関係についてご説明します。

胃の不調はストレスだけが原因とは限らない?

ストレスだけが原因とは限らない
いままで胃潰瘍や胃炎など、胃の病気はストレスが主な原因と考えられていました。

しかし近年「ピロリ菌」という細菌も、胃の不調につながる大きな要因であることが分かってきています。

ピロリ菌とは、胃の中に棲み着いている細菌のことです。胃の粘液を減らし、胃壁を傷つけてしまいます。症状が悪化すると胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの疾病リスクもあるため、ピロリ菌を胃の中から除去する治療を受ける方もいるほどです。

食物メチルグリオキサールが持つ抗菌作用

胃の中にいるピロリ菌を除去できる食べ物として、マヌカハニーが注目されています。その理由は、マヌカハニーに含まれている成分に、殺菌・抗菌作用の高い「メチルグリオキサール」が含まれているためです。

マヌカハニー特有の成分「メチルグリオキサール」

マヌカハニーには、抗菌作用のある成分が含まれていることは知られていたものの、当初は成分が特定できませんでした。そのため、「UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)」と名付けられ、抗菌活性度を示す指標としてUMFが使用されていました。

ところが、後年になってマヌカハニー特有の成分が「MGO(メチルグリオキサール)」であることが分かり、現在ではメチルグリオキサールの含有量を示す指標「MGO」も使われています。

メチルグリオキサールが持つ殺菌・抗菌作用

メチルグリオキサールは、胃の中に棲み着いているピロリ菌だけではなく、腸にいる悪玉菌への殺菌・抗菌作用も期待できます。メチルグリオキサールが持つ殺菌・抗菌力は抗生物質よりも優れているといわれることもあり、胃腸の健康維持に役立つとされています。

さらに、マヌカハニーは健康食品のため、抗生物質のような副作用が起こる心配もありません。食品としての安全性も保障されており、気軽に摂取できるところがマヌカハニーの良さといえるでしょう。

マヌカハニーと食物メチルグリオキサール

食物メチルグリオキサール
これまでお伝えしたとおり、メチルグリオキサールが持つ殺菌・抗菌作用は、胃のピロリ菌や腸の悪玉菌といった、さまざまな疾患の要因につながる細菌に対して有効に働くことが分かりました。

殺菌・抗菌効果の高いメチルグリオキサールは、マヌカハニーに多く含まれており、その含有量はなんと一般的なはちみつの数百倍。だからこそマヌカハニーは、「健康サポートに役立てたい」「胃や腸の調子を整えたい」という方から選ばれているのです。

ただし、マヌカハニーは偽物も多く出回っていることから、購入する際は気をつけた方が良いでしょう。

本物か偽物かを見分けるためには、マヌカハニーの成分表示をよく確認し、UMFやMGOの数値が表示されている商品を選ぶようにしてください。信頼できるショップでマヌカハニーを購入すると安心かもしれませんね。

本物?偽物?マヌカハニーの見分け方はこちら

健康管理は一日にしてならず!

健康管理は毎日行いたいもの。体に良いといわれる食べ物も、毎日摂取することで健康をキープできることが多いものです。
マヌカハニーはパンに塗ったりヨーグルトに混ぜたり、またお料理にも使うことができますよ。毎日の食生活にマヌカハニーを自然に取り入れて、健康的な毎日を送りましょう!

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe