おすすめのマヌカハニーはどれ?選び方のポイントをご紹介!

2017.10.12選び方 マヌカハニー専門店 BeeMe 編集部
Pocket

マヌカハニーの商品パッケージには、抗菌作用を持つ成分の活性度や含有量を示した数値が書かれているのですが、初心者にとっては意味が分からず「どれを選べば良いか分からない……」ということが少なくありません。

今回は、マヌカハニーを初めて購入する方に向けて、おすすめの選び方を目的別にご紹介します

マヌカハニーが注目される理由

マヌカハニーは、ニュージーランドの一部の地域に見られるマヌカの花から採取された、貴重なはちみつです。

マヌカハニーには高い抗菌作用をもつ成分「メチルグリオキサール」が含まれており、マヌカハニー特有の成分とされています。このメチルグリオキサールは、胃のピロリ菌や腸の悪玉菌に対して殺菌・抗菌作用があることが分かっています。

しかし、どのマヌカハニーもメチルグリオキサールを含む割合が同じ、というわけではありません。そのため、マヌカハニーのパッケージには「UMF」、「MGO」などのマークとともに、マヌカハニーの活性度やメチルグリオキサールの含有量を示した数値が記載されています。

海外では、メチルグリオキサールが多く含まれる高活性のマヌカハニーを医療の現場で使用することがあるようです。そういった情報が日本でも紹介されるようになり、健康意識の高い方にマヌカハニーが注目されるようになりました。

UMFとは

UMFは、「Unique Manuka Factor」の略で、日本語では「マヌカハニー独自の要素」を意味します。マヌカハニーが持つ抗菌作用の成分を、消毒に用いられるフェノール溶液の抗菌作用に置き換えて指標化したものです。

このUMFの数値が高いほど抗菌作用が強いことになります。UMF5+のマヌカハニーは低活性、UMF10+は中活性、UMF15+以上は高活性です。

MGOとは

MGOは1kgのマヌカハニーに対して、メチルグリオキサールが何mg含まれているかを示す規格です。例えば、MGO100+と記載されたマヌカハニーだとすると、1kgのマヌカハニーに100mgのメチルグリオキサールが含まれているということになります。先ほどご説明したUMF同様、数値が高いほど抗菌作用が強いということになります。

 初めての方に!エグモントハニー社「マヌカハニー UMF5+」

「まずは、手軽にマヌカハニーを食べてみたい!」という方は、UMF5+から試してみてはいかがでしょうか。

マヌカハニーは一般的なはちみつと比べると、味も色も濃厚です。低活性タイプのマヌカハニーならお手頃価格ですし、風味や香りも比較的マイルドなため、紅茶などの飲み物からお料理まで幅広くご利用いただけます。

低活性~中活性タイプのマヌカハニーはお手頃価格ですし、風味や香りも比較的マイルドなため、紅茶などの飲み物からお料理まで幅広くご利用いただけます。

健康維持もしたい方!エグモントハニー社「マヌカハニー UMF12+」

「健康にも気をつけながらマヌカハニーを食べたい!」という方は、UMF12+を選ぶと良いでしょう。UMF12+は中活性タイプになります。UMF5+より活性度は高くなりますが、味わいはほとんど変わりません。

もう少し予算があるなら!エグモントハニー社「マヌカハニー UMF18+」

「マヌカハニーの濃厚な味が好き!」 「マヌカハニーに含まれる成分の素晴らしさを実感したい!」という方は、もう少し高いグレードのUMF18+を選ぶのがおすすめ。

1万円以内のご予算で、ハイグレードなマヌカハニーを味わうのにぴったりの商品です。

マヌカハニーを食べる醍醐味!エグモントハニー社「マヌカハニー UMF23+」

「メチルグリオキサールの含有量が多い方がいい!」「スパイシーさと濃厚な甘みを堪能したい!」という方は、お値段が1万円以上と高くなりますが、 UMF23+を試してみてはいかがでしょうか。

エグモントハニー社のUMF23+は超高活性タイプのマヌカハニーになりますので、悪玉菌やウイルスに負けない体作りを目指している方には、特におすすめいたします。

UMF20+以上の超高活性のマヌカハニーは希少性が高いことから、入手が困難な場合があります。

マヌカハニーは信頼できるブランドで購入

マヌカハニーを初めて食べる方は、低活性のマヌカハニーから試し、徐々に数値を上げていくことをおすすめします。メチルグリオキサールの抗菌作用を実感したい場合は、高活性のマヌカハニーを選ぶとよいでしょう。信頼できるブランドを選んで、マヌカハニーの美味しさを楽しんでくださいね。

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーならマヌカハニー専門店BeeMe